今日の気になるニュース

    タグ:FIFA

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ☆ばぐ太☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ば ぐ 太☆ Mkつーφ ★ 2013/07/30(火) 10:31:09.87 ID:???0
    ★旭日旗応援「FIFA規定違反の可能性」 韓国メディア報道は本当なのか

    ・サッカー東アジア杯の男子日韓戦で、日本側の応援席から一時、旭日旗が掲げられたことについて、韓国メディアが
     国際サッカー連盟(FIFA)の規定違反の可能性が大きいと報じた。そんな証拠はどこにあるのだろうか。

     「歴史を忘れた民族に未来はない」。韓国・ソウルで2013年7月28日夜に行われた日韓戦では、韓国側の応援席に
     こんな韓国語の横断幕が長さ約40メートルにもわたって張り出され、物議を醸した。
     日本のスポーツ紙各紙では、応援での政治的主張を禁じたFIFAの規定違反に当たる疑いが指摘されている。
     これに対し、韓国メディアでは、旭日旗応援について、日本が第2次大戦で使った戦争犯罪の旗であり、韓国では
     怒りの声が上がっているとしており、聯合ニュースは、「FIFAの規定違反の可能性が大きい」と踏み込んで報じた。
     旭日旗を巡っては、U-20女子ワールドカップの12年8月30日の日韓戦で、日本側の応援席で旭日旗を掲げようとした
     観客が係員に制止される騒ぎがあった。

     報道によると、FIFAから事前に旭日旗を「応援席に出させない方がいい」と日本サッカー協会に連絡があり、協会では
     旗を見かけたらサポーターにしまうよう声をかけることを警備員に指示していた。実際に、制止した係員も、「FIFAの
     判断によって、掲示することをご遠慮いただいているということなんですよ」などと観客に説明していた。
     今回の日韓戦でも、試合開始時に日本側応援席で一部サポーターが旭日旗を掲げると、係員に制止されて3分ほどで
     旗を降ろしたと報じられている。(>>2-10につづく)
     http://www.j-cast.com/2013/07/29180386.html?p=all

    【【社会】 韓国 「横断幕出したのは、日本側が違反の旭日旗を出したからだ」…旭日旗が規制される一方で、韓国側は安重根の肖像画掲示】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: どすけべ学園高等部φ ★ 2013/06/19(水) 17:02:18.80 ID:???0
    先ほどお伝えしたサッカー韓国vsイラン戦での試合終了後の出来事。イラン対韓国は1対0でイランが勝利。その勝利に喜ぶ中、
    イランの選手が韓国のベンチに向かった。その途端に韓国選手がイランの選手に対して殴り掛かる(肘うち)というラフプレーが見られた。
    試合が終わったのでラフプレーという表現は正しいのかわからないが、試合終了後も相手に対して暴行を加えて良いはずがない。

    そんな韓国側は先手を打つようにFIFAへ次のように報告をしたという。「イラン側にガッツポーズなどのマナー違反が見られた」と
    イランを非難。その後の暴行に対しては一切触れていない。

    結果韓国はイランに負けてしまい、イランは大興奮。そんな勝利の際にラフプレーが起きてしまった。イラン選手が勝利に喜び韓国の
    ベンチに近づいたら、そこに立っていた韓国選手がイランの選手に対して殴りかかったのだ。後ろにいた選手が止めに入るかと
    思いきや続いて殴りかかるという始末。FIFAから制裁を受けそうなこの行為は現在波紋を呼んでおりネット上でも話題となっている。

    韓国は昨年のロンドン五輪サッカー男子の日本戦の際に韓国のサッカー選手である朴鍾佑(パクチョンウ)が「独島は我が領土」という
    プラカードを観客から受け取り掲げて問題となった。この際はIOCはお咎めなしどころか銅メダルまで授与させた。

    今回も全世界で話題になりそうなこの問題。一部始終は『YouTube』に公開されているのでご覧頂きたい。仮にイラン選手が
    ガッツポーズをしたとしても、相手選手の勝利を暖かく褒め称えるという寛大な心はないのだろうか。
    美学の一種であるスポーツマンシップという物が韓国プレーヤーには失われている気がする。

    http://getnews.jp/archives/363736
    no title

    動画
    http://youtu.be/eZmDMBMxJSc


    【【韓国】サッカー韓国vsイラン戦で勝利したイラン選手に暴行を加えるも韓国側が「マナー違反」としてFIFAに報告 暴行は報告せず】の続きを読む

    このページのトップヘ