今日の気になるニュース

    カテゴリ:都道府県 > 宮城県

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: BaaaaaaaaQφ ★ 2013/05/25(土) 22:09:23.88 ID:???0
    東日本大震災の津波で被災した宮城県南三陸町にチリから贈られたモアイ像の贈呈
    記念式典が25日、町内の仮設商店街で開かれ、参加者約200人が像の前で町の復興を願った。

     イースター島の石を使ったモアイ像は、高さ約3m、重さ約2トン。昨年12月に東京に到着し、
    東京や大阪での展示を経て、今月16日に南三陸町の商店街に設置された。

     式典の中で、白いサンゴと黒曜石で作られた瞳がはめられ、像が完成した。佐藤仁町長
    は「像が町の復興を見守ってくれる。シンボルとして大事にしていきたい」と話し、パトリシオ・ト
    レス駐日チリ大使は「像は自然災害に屈服せず、希望と前を向くという日本とチリの気持ちを
    表している」と強調した。

     南三陸町は1960年のチリ地震の津波でも被災。チリから友好の証しとして91年にモアイ像
    を贈られたが、今回の津波で損壊し、チリのピニェラ大統領が新しい像の寄贈を約束していた。

    http://photo.sankei.jp.msn.com/essay/data/2013/05/26moai/
    no title

    no title

    no title

    【【宮城】チリから被災地に約束どおりモアイ像が届く【写真あり】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: そーきそばΦ ★ 2013/05/13(月) 00:19:56.37 ID:???0
    東日本大震災で壊滅的な被害を受けた宮城県女川町のラジオ放送局「女川さいがいFM」に今春、高校に入学したばかりの生徒6人が“女子アナ”としてデビューした。
    同局は来年3月までの期間限定で設置された臨時災害放送局。アナウンサーたちは勉学に励みながら、リスナーに地元の貴重な情報を送り続けている。(高木克聡)

     土曜の正午、軽快な音楽とともに、生活情報を発信する番組「おながわ☆なう サタデー」が始まる。放送を担当するのは、
    男女8人の高校生アナウンサー。このうち6人が今年から新たにメンバーに加わった高校1年の女子生徒だ。

     リクエスト曲や近隣のイベント情報、天気予報の合間に、学校生活の何げない会話など、高校生ならではの掛け合いが始まると、放送を聞く町民も思わず、顔がほころぶ。

     地域医療センターの横に設置された1棟のプレハブが放送スタジオ。外からスタジオ内が見えるため、
    通院する地元の人や観光客らが「がんばって」と気軽に声をかけていく。

     県立石巻北高1年の中村葵さん(15)は避難所で流れる放送を聞いて、ラジオ放送に興味を持った。
    「女川の復興を手伝いたい」と今年からの参加を決めた。将来の夢は声優やラジオのパーソナリティーなど、声を生かした仕事に就くことだ。

    ソース 産経新聞
    http://sankei.jp.msn.com/life/news/130512/trd13051213490008-n1.htm
    画像 女川さいがいFMでアナウンサーに挑戦する高校1年の住吉なつみさん=宮城県女川町(写真:産経新聞)
    no title

    (続)

    【【画像あり】15歳女子高生が新人アナとしてデビュー 臨時災害FM局から地元情報発信-女川町】の続きを読む

    このページのトップヘ