今日の気になるニュース

    カテゴリ:ニュース速報+ > 経済

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: わいせつ部隊所属φ ★ 2013/06/24(月) 16:59:38.53 ID:???0
    30億ドル分延長見送り=日韓通貨交換協定-財務省

     財務省は24日、日韓通貨交換協定のうち7月3日で期限が来る30億ドル分について延長しないと発表した。
    (2013/06/24-16:40)
    http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2013062400570

    【【経済】 「日韓通貨スワップ協定30億ドル打ち切り」…財務省】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: かじてつ!ρ ★ 2013/06/19(水) 15:18:04.24 ID:???P
    ○日韓通貨スワップ協定の30億ドル分、今の段階で韓国から延長要請はない=麻生財務相

    麻生太郎財務相は19日午後の衆院財務金融委員会で、今年7月3日に
    期限を迎える日韓通貨スワップ協定の30億ドル分について、今の段階で
    韓国から延長の要請はないと語った。

    山田賢司委員(自民)の質問に答えた。

    麻生財務相は「最近の韓国の状況は、クレジットデフォルトという状況とは違う」
    としたうえで、「金融情勢などを踏まえ、韓国の意見も聞いたうえで(延長の
    可否について)結論を得たい」と語った。

    □ソース:ロイター
    http://jp.reuters.com/article/forexNews/idJPL3N0EV0VO20130619

    【【経済】日韓通貨スワップ協定の30億ドル分、今の段階で韓国から延長要請はない・・・麻生財務相[13/06/19]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: アヘ顔ダブルピースφ ★ 2013/06/14(金) 01:20:46.76 ID:???0
    サムスン株急落、わずか1週間で時価総額22兆ウォンが吹き飛んだ

    ソウル株式市場で、最高値をうかがっていたサムスン電子株が急降下している。
    なにしろ時価総額で、韓国の上場企業全体の20%を占める巨人企業の株価急落に、
    総合株価指数(KOSPI)もつれて下落。市場は混乱に陥った。

    きっかけは、JPモルガン証券のレポート

    サムスン電子株が急落したのは2013年6月7日。
    終値で、前日比9万4000ウォン(6.18%)下げて142万7000ウォンだった。
    下落幅は、2012年8月に米アップルとの知的財産権訴訟で負けたときの7.5%に次ぐ大きさとなった。

    きっかけは、この日明らかになった米証券大手のJPモルガンによる投資家向けリポート。
    朝鮮日報日本語版は 6月10日の社説で、「外資証券のリポートだけで混乱した韓国株」と報じた。

    JPモルガンはリポートで、サムスン電子が販売する主力スマートフォンの「ギャラクシーS4」
    の販売台数が予想を下回るとし、目標株価を当初の201万ウォンから190万ウォンに引き下げ、
    「今年第3四半期(7‐9月)からは業績が後退局面に入る」と予測した。

    J-CASTニュース 2013/6/13 19:23
    http://www.j-cast.com/2013/06/13177254.html

    >>2以降へ続きます。

    【【経済】サムスン株急落、わずか1週間で時価総額22兆ウォンが吹き飛んだ 海外投資家の「売り」が続いている】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: わいせつ部隊所属φ ★ 2013/06/13(木) 17:11:22.64 ID:???0
    日経平均大引け、急落 「異次元緩和」直前の4月3日以来の安値
    2013/6/13 15:08

     13日の東京株式市場で日経平均株価は3日続落。
    終値は前日比843円94銭安の1万2445円38銭と急落した。
    日銀が異次元緩和を導入する直前の4月3日以来、約2カ月ぶりの安値となった。
    下げ幅は今年2番目の大きさ。外国為替市場で円相場が1ドル=94円台まで上昇。
    12日の米株安をきっかけに13日はアジア各国の株式相場も軒並み安となり、投資家の不安心理が高まった。
    自動車など輸出関連の主力株だけでなく金融株や機械株など幅広い銘柄が売られ、全面安の展開となった。
    東証1部の売買代金は概算で2兆6935億円(速報ベース)と4日連続で3兆円を割り込んだ。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

    http://www.nikkei.com/markets/kabu/summary.aspx?g=DGXNAS3LTSEC1_13062013000000

    【【経済/東京株】 6/13の日経平均株価、終値1万2445円(-843円)「異次元緩和」直前の4月3日以来の安値…米株安などがきっかけ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: おφ ★ 2013/06/07(金) 02:00:54.76 ID:???0
    【NQNニューヨーク=増永裕樹】6日昼過ぎのニューヨーク外国為替市場で、円相場が上げ幅を拡大している。
    一時1ドル=95円90銭近辺まで上昇し、4月16日以来、約1カ月半ぶりの円高水準をつけた。相場の急変動を受け、
    損失限定を目的とした円の買い戻しが加速。相場上昇がさらなる円買いに拍車を掛ける展開につながった。

     午後0時35分時点で、円相場は前日比2円60銭円高・ドル安の1ドル=96円40~50銭で推移している。
    http://www.nikkei.com/markets/kawase/summary.aspx?g=DGXNASFL060QK_06062013000000&dg=1
    リアルタイム チャート
    http://fx.yahoo.co.jp/chart/usd_jpy.html

    【【経済】円が急上昇、95円台に突入】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ハマグリのガソリン焼きφ ★ 2013/06/03(月) 14:38:27.46 ID:???0
     3日の東京株式市場は、午後の取引再開後に一段安となった。日経平均株価の前週末比下げ幅は一時400円を
    超え、この日の安値を更新した。

     午後になって、円相場がやや円高に振れたことが主な下げ材料となっている。午後零時55分現在の日経平均株価は、
    339円安の1万3434円。

    2013.6.3 13:00 産経新聞
    http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130603/fnc13060313030006-n1.htm

    【【経済】東京株、下げ幅一時400円超え1万3434円】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: わいせつ部隊所属φ ★ 2013/05/30(木) 15:37:31.72 ID:???0
    東京株、終値は737円安の1万3589円
    2013.5.30 15:02

     30日の東京株式市場は大幅反落した。日経平均株価の終値は、前日比737円43銭安の1万3589円03銭。
    終値としては、4月23日以来、5週間ぶりの安値水準となった。

     日経平均株価は午後に入って、前日終値より400円程度安い1万3900円前後でやや落ち着きを見せていたが、
    午後2時を過ぎてから再び急落。770円安の1万3555円まで値下がりした。
    取引時間中の1万3600円割れも、4月23日以来。

     円相場が対ドルで101円台から再び円高に振れて100円台後半へと値上がりしたことも、株価下落の材料となっている。

    http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130530/fnc13053015030012-n1.htm

    【【経済/株式】 日経平均株価 737円安の1万3589円[13/05/30]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: そーきそばΦ ★ 2013/05/28(火) 01:06:48.01 ID:???0
    お札を刷っては円安・株高を演出し、脱デフレにつなげる「アベノミクス」は、世界経済全体の利益になるという解釈が
    米英のエコノミストの間では主流である。ところが、その共存の定理は日本と中国、韓国との関係には当てはまりそうにない。

     まずは中国。同国経済指標のうち、国内総生産(GDP)よりも、経済実体を正直に反映していると李克強首相が以前に
    認めたことのある鉄道貨物輸送量と円の対人民元相場を対比させてみる。2007年前半までの円安期に
    鉄道貨物伸び率は減速し続け、08年9月のリーマン・ショック後の超円高局面に入ると一挙に回復した。

     そして、12年秋から円高是正が始まるのに合わせたように、貨物輸送量の増加率は下がり、今年に入るとマイナスに落ち込んだ。
    中国の鉄鋼、自動車、家電など主力産業の生産過剰のためにモノは動かない。因果関係は不明だが、
    円安は中国経済の足を引っ張る要因になっている可能性がある。

     元の対円相場は今後、さらに高くなるはずである。理由はこうだ。まず、中国は入ってくる外貨に応じて人民元を発行し、
    国有商業銀行を通じてその資金を国有企業や地方政府に配分し、高度成長を実現してきた。中国はリーマン後、
    円の数倍の規模で人民元を発行、2桁成長を保ち、10年には名目国内総生産(GDP)で日本を抜き去った。
    ところが昨年から景気の悪化や不動産市場の低迷で投機資金流入が細り、以前ほどの勢いでお札を刷れなくなった。

    SankeiBiz 5月26日(日)7時0分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130526-00000501-fsi-bus_all
    (続)

    【【経済】「アベノミクス」が中韓に嫌悪される理由】の続きを読む

    このページのトップヘ