1: アメリカンワイヤーヘア(埼玉県) 2013/06/23(日) 08:18:30.04 ID:uL+QuTyRP BE:703755124-PLT(12001) ポイント特典
植物だって相当ヤバイ、恐怖の殺人植物ベスト10
 我々の住む世界は植物で覆われてる。植物から受ける恩恵は多く、日本では植物性だから、体にやさしいという概念が定着してしまったようだが、体にやさしくない植物だって多く存在するのはご存知の通り。
麻薬の原料だって植物由来のものも多いし、タバコだって植物だ。体にかぶれを引き起こす植物もある。
 今回、全く新しいレベルの致死率を持つ殺人植物をが海外サイトに特集されていた。花を摘んだり、実を食べることで死に至らしめるだけでなく、場合によってはその植物にただ近づいただけでも死ぬ危険性がある植物すら存在するのだ。
10.スカンク・キャベッジ(ザゼンソウの一種)
no title

強烈な異臭、食べるとシュウ酸カルシウム中毒で死亡。

9.キンポウゲ
no title

 キンポウゲはこのリストの中では最も可憐に見える花だ。
食べると思い食中毒に陥り死亡に至ることも。

8.ジャイアント・ホグウィード
no title

触れるとドロドロした液体を出す。日光に反応し人間の皮膚や粘膜を壊死させる。この症状は数年続く。
7.デス・カマス
no title

食用のカマスに混じっている。食べると強烈な毒により死ぬ。

6.エンジェル・トランペット
no title


アトロピン、ヒヨスチアミン、そして精神を操るスコポラミンという恐ろしい3つの強力な毒を持っている。
ここで紹介している他の植物とは違って、エンジェル・トランペットはそれ自体が危険というわけではなく、むしろ人間が手にする生物兵器だといえる。
 この植物は2007年にドキュメンタリー番組で取り上げられた。その内容はある犯罪組織のメンバーが、この美しい植物からスコポラミンを精製して、犠牲者を文字通りのゾンビに変えるために使うというものだ。
この"催眠ハーブ"の葉は、被害者を"意識は完全にあるが、自分たちの行動に対する自覚が無い"状態にさせる。
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52131578.html

【【植物ヤバイ】 恐怖の殺人植物ベスト10……触れただけで死ぬ、人を催眠状態に陥らせるなど】の続きを読む